ドクターヘリに関わる人たちの年収 - ヘリコプター遊覧飛行の運行状況をチェック

ドクターヘリに関わる人たちの年収

ドクターヘリに関わる人と言えば、まず思い浮かぶのはフライトドクターとフライトナースです。
そして忘れてはならないのが、このドクターヘリを運転するパイロットの存在です。


どの人が欠けても成り立たない大切な存在です。

ドクターヘリの年収の情報サイトはこちらです。

では、それぞれの年収はだいたいどれくらいなのでしょうか。
少し気になりませんか。



フライトドクター、フライトナース、パイロットのどの人も、実のところドクターヘリを所有する病院によって給与はまちまちです。



ですので、だいたいの給与相場から考えた年収にはなります。

まず、フライトドクターというのは救命救急医にあたるので救命救急の年収が基本で、ヘリの搭乗回数によって手当が支給されます。

だいたいの相場として1100万から1200万くらいとされています。
通常の勤務に加えて、ヘリでの勤務となるので多忙を極めるドクターです。
ですので、他の医師に比べてやや高くなるのは必然でしょう。
看護師の一般的な年収は400万から500万とされています。


後はこれに、フライトナースの場合フライトドクターと同様に手当てがつきます。
普段は救急看護認定看護師として救急看護師として勤務しています。

フライトナースは資格や経験を必要としていますが、他の看護師と然程給与での差はありません。

ただ多少、優遇されますので月にいくらかは多く貰えます。

最後にパイロットですが、大手エアーラインのパイロットのような高額収入ではありませんが、だいたい50歳前後のベテランパイロットで800万から1000万です。